ほとめき通り商店街

前回の報告から少し時間が経ってしまいましたが…

福岡県久留米市の「ほとめき通り商店街」に行ってきました。

ここの商店街は、中心市街地にある10の商店街で構成されています。
現在入店している店舗は飲食店が多く、日中の賑わいが低下しているようですが、日中は写真のように路面にお店を出し、お花や野菜などの商品を販売していました。

IMG_1857s

「街角キャンパス 六ッ門大学」では近年、経営者育成をするため、地域の若手を集めて経済学や社会学を学べる機会を提供する「みんなの希望塾」を開設しているそうです。
また、イベント企画や実施をする活動もあり、若手・担い手育成を積極的に仕掛けていました。

一階には今年出来たばかりの、市民交流スペースや情報発信機能を備えた「まちカフェ」。
ここでは、ベビーカーや車いす等の無料貸し出しもあります。

IMG_1853s

商店街の一角にあった「六角堂広場」は今年の3月に閉鎖されてしまいました。

DSC03115s

しかし現在、この六角堂広場だった土地と、商店街内の空き敷地を活用して、交流促進の中核施設となる「久留米市総合都市プラザ」の建設計画を進めているそうです。
中心市街地活性化の再チャレンジが進行中です。
この再開発をきっかけに、街がどう変わっていくのか楽しみですね。

DSC03124s

させぼ四ヶ町商店街

させぼ四ヶ町商店街に行ってきました。

ここのアーケードは、端から端まで約1kmの日本一長いアーケード街。
現在の空き店舗は120店舗中10店舗のみだそうです。

IMG_1806s

ここの商店街では、毎土日に様々なイベントを仕掛けています。
商店街の中には、こんな風に通りの真ん中にイベント案内板が所々に置いてありました。
商店街を通る人が気軽に見ることができて良いですね。

IMG_1831s

また、商店街を歩いていると、途中に公園もあります。
この公園はイルミネーションを飾ったり、イベント会場になったりと、様々な形で商店街のイベントに活用されているそうです。

DSCN5986s

商店街のイベント資金は、スポンサーだけではなく、市民からも個人での募金をしてもらっています。
個人でお金を出すことで、ただ見ているだけではなく「自分も参加している」という意識付けができ、イベントに愛着を持たせるような仕組みとしているそうです。
ただイベントをやっているから参加するのではなく、本当の意味で「参加」するイベントであることが、これまでイベントが続いているポイントなのでしょうね。

ハウステンボス

佐世保市にある、今話題のハウステンボスへ行ってきました。

ここは「人と自然の共存」をテーマにつくられている施設。

元は、工業用用地としての利用のために埋め立てした場所です。
そのため自然環境を回復させるために、土壌を入れ替え、40万本もの樹木を植えたそうです。
水際は全て自然の石や土を使用した石垣だったり、魚も住める水環境の人口運河だったりと、本当に自然環境に配慮した施設です。

DSCN5928s

全てにおいて本物を追求し、建物や道に使われているレンガは全てオランダから持ってきているそうで、施設内に入ると、本当にオランダに来たような感覚になります。
写真だけを見ると、オランダに行ってきたの?と思いますよね。

DSC02897s

IMG_1786s

施設内では、一年中毎日、無料でイベントを開催していて、私たちも仮面舞踏会に参加してきました。
近くの売店で仮面やマントが販売されていて、それを付けてみなさん踊っています。

IMG_1727s

普段なら恥ずかしくて踊れない人も、仮面を付けるだけで自然と踊りを楽しめてしまうのは不思議ですよね。

プレ・サレ焼尻と羊肉について

スタッフSです。
大変ご無沙汰しておりました。

皆さんは羽幌町焼尻めん羊牧場をご存知でしょうか?
そこで飼養されている羊は、サフォーク種のなかでもフランスのモンサンミッシェルの麓ブルターニュ地方近くで飼養されている「プレ・サレ」に似た気候で育てられ、「プレ・サレ焼尻」ブランドとして東京大手百貨店のお暮商品、東京銀座などの高級フレンチレストランの食材として取り扱われています。
あのミクニシェフが焼尻めん羊大使をしており、北海道ではミクニサッポロなどで食べれるそうです。
(希少なため、すべての店舗で期間限定)

プレ・サレとはフランス語、プレ(牧草)サレ(塩)から来ており、その名の通り海に近い地域の牧草地で育った羊のため、ミネラルが豊富なフランス料理の最高級食肉なんだそうです。
プレ・サレ焼尻は年間出荷量が非常に少ないため、なかなか手に入らないのですが、以前に機会があり焼肉として少量だけ食べたことがあります。その味は普段口にするジンギスカンラムとは全く違った味でクセの無い美味しさの羊肉であることは知っておりました。
しかし、このような高級和羊肉はフランス料理の食材としてラムチョップ(骨付肉)などで食べるのが宜しいようなので、近々、奮発して高級フランス料理店で食べてみようかと思い、S家の財務大臣(嫁)と交渉中です(笑!)

そこで羊肉の豆知識ですが、日本で羊肉はジンギスカンが有名ですよね。
北海道人であれば、ジンギスカンとして羊肉消費量は日本人としては多いですが、世界的にみてオーストラリア人やイギリス人、フランス人と比較するとかなり消費量が少ないとのことです。(豪州の約50分の1)
しかし、アジア・アメリカ大陸も含め世界的に羊肉が一番食肉として食べられているらしいです。

最近、「ジンギスカンが食べても太らない」と話題になりましたよね。
その根拠を調べたのですが、その原因が2つあるそうです。
ひとつは、羊肉の脂の融点が高いことで、豚肉は28度で溶けますが羊肉は44度で溶けるため、体温で溶けないので吸収されずに体外に排出されるからです。
ふたつ目は、羊肉に含まれる「カルニチン」という成分だそうです。カルニチンは食肉のなかで最も羊肉が多く含まれるそうで、豚肉の10倍以上含まれており、体内に吸収されると脂肪燃焼を促進させる効果があるそうです。
そのほかにもコレステロール含有量が少ないだけではなく、コレステロールを下げる不飽和脂肪酸も魚肉並みに含まれ、また、特に女性には重要な鉄分が多く含まれており、貧血予防や冷え症に良いそうです。
さらにさらに・・ビタミンも豊富で、胃腸炎や皮膚炎を防ぐナイアシンやビタミンBも豊富であり、アトピー性皮膚炎にも良いと言われているそうです。

「一気に羊肉好きになりました!!」
ジンギスカンなどの羊肉も良いですが、プレサレ焼尻も機会がありましたら食べてみてください。

○焼尻めん羊牧場指定管理者URL http://www.housyu.co.jp/farm/

BROCCOLIFUNCLUB☆

こんにちわ!
スタッフMです。

H24年度食クラスター多角的連携促進事業の一環として「ブロッコリーしゃぶしゃぶ」料理教室を開催いたしました。
札幌オオドオリ大学の授業の一つとして開催した料理教室は、大変人気で、定員を大きく上回る応募を頂きました。

ファンクラブではカードも作成し、料理教室等のイベントで配布しています。

今後も引き続き、「ブロッコリー愛の普及活動」を展開していきますのでよろしくお願いいたします。

当日のレシピも公開しますので、どうぞお見逃しなく!

事務所美化に向けて新戦力を投入しました☆

あけましておめでとうございます。
本年こそ、毎週一回は更新したい…
と考えながら、1月が終わりに近づいてしまって焦っています。

ご無沙汰しておりました、スタッフAです。

例年のことながら、年明け⇒年度末までは、目の回る忙しさ。
スタッフの出張が多く、普段からお手入れが行き届いているとは言い難い事務所内が、
さらに埃っぽくなるのも、この季節。

風邪をひいている余裕もなし、
掃除する余裕もなし、じっと手を見る…

見るに見かねたのか、ルンバ購入の決済がおりました!!

届いてから1週間、すでにコムズ事務所の美化リーダーとして、大活躍しています。
この子の助けを借りながら、何とか年度末を乗り切っていきたいと思います。

では。

ひろめ市場

高知のまちでは、ひろめ市場に行ってまいりました、
ここは駐車場を利用した屋台村のようになっています。
ひろめ入口
各ブースで高知の名物、カツオのたたき等のつまみとお酒を出しています。
ひろめ市場1
カツオをあぶっているところ。こういったパフォーマンスも楽しいですね。
カツオあぶり
席はフードコートのようにフリーで使える場所が中に用意され、地元客でごった返しています。
ひろめ市場2
高知のひとはお酒に強い、という印象がありますが、本当ですね、みなさんよく飲んでいます。
(…なかなか席が空かないのが難点です。)

建物にはあまりコストがかかっていないようですが、この雑多な雰囲気がお祭りのようでついつい何か買ってしまうのですね。

道後温泉

四国では松山にも行ってきまして、その際に道後温泉を見てきました。(入ってはいないのですが…)
「千と千尋の…」の油屋のモデルといわれている温泉。
木造三層楼というのは大変めずらしいものだそうです。

老朽化した道後温泉を改築する計画を行ったのが道後湯之町町長。
現代の金額に直すと約13億という莫大な費用をかけておこなったそうです。当時、大反対があったものの、
「この道後温泉が100年経っても真似のできないものを造ってこそ意味がある。人が集まれば町が潤い、百姓や職人の暮らしも良くなる」と貫き通したそうです。
たしかに、国の重要文化財として指定され、100年以上たったいま、入湯数はほとんど当時のにぎわいのままだそうです。
ただ、当時の大反対は命の危険も感じるほどで、町長は無給で建築に充てたようですから、かなりの信念と先見があってのものだったのですね。

海洋堂ホビー館四万十

四万十に、怪しいミュージアムがあるとの噂を聞いてやってきました。
突然現れるこの建物は、フィギュアの制作・販売を行う海洋堂のミュージアム。
「へんぴなミュージアムにようこそ!」
自ら”へんぴ”と掲げています。
沈下橋のかかる四万十川の川沿いから、さらに奥に入っていくと見つかります。
確かに「本当にここにあるの?」と思ってしまうほど、道をかなり進んだ頃に見つかります。


中は恐竜や、アニメキャラの等身大のフィギュアやほんの2,3センチの小さなフィギュアなどで埋め尽くされています。
この建物はもと体育館。廃校となった小学校を改装してつくられています。
周辺は車も少ないのどかな地域でしたが、中に入ると子どもから大人までがフィギュアを見に来ていました。
わざわざ見に来る山奥のオタクの聖地。
隣には「かっぱ館」という全国から集められたかっぱ作品の並ぶミュージアムも。
しかし、この地には河童伝説はないそうです、笑。いかにも河童が出そうな雰囲気なんですけどね。

四万十とおわ

高地では四万十町にも寄ってきました。
ここを流れる四万十川にはいくつも沈下橋が架かっています。
手すりもなにもないコンクリートの通路のみで、川が増水したら沈下してしまうそうです。

川遊びをする子供たちがいたり、映画で見たことあるような日本の夏休みの風景が見られる
とてものどかな町です。

この町の道の駅が「四万十とおわ」。
沈下橋の架かった川沿いをずっと進んでいくとあらわれる道の駅です。
「とおいとおいところ」 「はるばるようこそ」
ポスターでもあえてこだわってこのロケーションにふれています。
ここならでは、ここでしかないことを強みとしてとらえることが大事ですね。
中に入ってみると様々な商品が。どれも美味しそうなものが並んでいます。
パッケージもシンプルで、ストレートに伝わってくるものが多かったです。
陳列の仕方もPOPのつくり方も上手ですね。
この新聞バックは体験教室でつくり方を教えてくれるようです。
ちなみにコムズワークでも新聞で袋をつくって、新聞をそれに入れて古紙回収に持って行っています。
直売所「とおわ市場」は地元のお母さんが採ったお野菜、すべてに名前が入っています。
だれがつくっているのか、ぜんぶわかるようになっています。