カテゴリー : 2011年 2月

デパートについて。

こんにちわ。スタッフIです。
ここ数年デパートの閉店や倒産のニュースをよく聞きますね、、、
北海道でもいくつかのデパートが経営破綻や閉店に追い込まれています。

実はデパート、フランスの発明品です。デパートという言い方はせず、Le grand magasin(直訳すると、「大きい店」)といいますが、左岸のブルジョワな地区に今でもある「Bon marche(ボンマルシェ)」が世界初のデパートです。





ボンマルシェのle grande epicerie(食料品店)は1階。ワンフロア全て食料品。
いろんな国の食材やスパイスがあってかなり楽しめます。



それまで、物は専門店でそれぞれを扱っており、値段も言い値の交渉によるものだったそうです。それが、全てのものを一堂に集め、値段も分かりやすく明示してあり誰でも手にとって買い物ができるスタイルをボンマルシェ創設者が発案。1852年に開店しました。
それは世界中に伝わり、日本では半世紀後、三越呉服店が百貨店として開業しました。
また、在庫を一掃するSolde(セール)の考え方もボンマルシェ創業者の発案だそうです。


こうして私たちの生活に浸透したデパートですが、昨今は人口減、消費者嗜好の多様化、ショッピングセンターの進出などにより売り上げが減少。相次いで閉店しています。。

今後、デパートに替わる「発明」は出てくるのでしょうか???


もうすぐ旧札幌西武の建物が解体されるようですね。
わたし個人としてはあのツタの絡んだ建物が好きだったのでちょっと寂しい気もしますが、、

ヨドバシカメラが移転開業、どのようになるのでしょう??

札幌の顔になる立地、ツタの張った煉瓦がネオンにかわってしまうようでは寂しいですね。。

長くなってしまいました、次回は「デパートについて。2」を書きたいと思います!

Salon du chocolat

こんにちは。スタッフIです。

バレンタイン商戦に合わせて行われるSalon du chocolat、

フランスでは10月末に行われます。ワイン見本市と同じ、試食させてもらえます。

日本で買うとすごくお値段のはるチョコレートが食べられるのでドキドキしちゃいます。


現在、チョコレートは生産量より消費量のほうが上回っているようです。

そのうちとても高価になっていくのかもしれないと思っています。


会場ではデモンストレーションを実施しています。

手元が観客に見えるよう、ミラーで映されています。

サダハルさんのチョコレートも人気です。

札幌のSalon du chocolat、

いらっしゃってたようですね!

こんなチョコレートの

タブレット型のスツールも

遊び心があってかわいいですね。

実はパリで、日本で売っていないチョコレートを探すのはちょっと大変です。

日本は本当にいろんな国のいろんなモノが集まっているなと思います。

でも、その国の空気で食べるから美味しいものってあるので、

日本の北海道以南では、チョコレートはちょっとね…と実は思っています。

高気温・高湿度ではベタベタしてあまり美味しくないような気がしてしまいます。

北海道のような少し空気のツンとしたところのほうが、、、。

東京に進出するショコラティエももう少し北に出てきたらいいのにな、なんて思います。

購買層が圧倒的に違うから難しいかもしれないですけどね。

日本ではココにしか入ってこない「チョコレート特区」みたいに。。

立春も過ぎ、東京は春の香り。

こんにちわ、スタッフAです。

先週末、古い友人の結婚式で東京まで行ってきました。
私は去年までも毎年1月末は東京にいっていたのですが、
この時期の上京は本当に着るものに迷います。
(スタッフTも風邪ひいていましたしね…)

さて。
コムズワークに入社して以降“B級グルメ”と言われると素通りできない私。
今回は代々木公園でこんなものを見つけてしまいました。

じゃん。
ラーメンバーガーです!
始めに通った時は人だかりで諦めたのですが、どうしても気になって戻ってしまいました。
写真で見えるでしょうか、通常のバンズに当たる部分がラーメンの麺を焼き固めて作られています(おやき機のようなものを使っていました)。
具は、なると・チャーシュー・メンマ・ネギ、など。
タレは、濃いとんこつスープ風味。
麺に隙間があるのでタレがぼたぼた流れ出てしまうのが、またラーメン特有のすすあげ感を演出しています。
味は“ほとんどラーメン”です。
ちょっと麺が多いですが。

見た目やアイディアの面白さ、人に話した時のインパクト。
そもそもラーメン、と聞くと「あ~そういえば食べたかったんだよね」という気分になりませんか?
(私はこれをラーメンの魔力、と呼んでいます…カレーにも同じような魔力があるような気がします。笑)
そのおかげで福島県喜多方市の道の駅のお土産品として開発されたこのB級グルメが東京進出を果たしたんですね。今は竹下通りにラーメンバーガー専門店まであるそうですよ。

札幌は今日も懲りずに吹雪いています。
長い冬にいい加減うんざりしてくる頃ですが、
皆さま、春を探しに東京へ行く機会がありましたら、ご一緒にラーメンバーガー、食べてみてくださいね。
(神田明神の甘酒屋さん前では梅が満開でした)