「さん」付け制度

こんにちは。めっきり寒くなりましたよね。今週は札幌も雪の予報が出ていたので今週はタイヤ交換を急いでいる方も多いのではないかと思います。今年の夏は9月以降も暑い夏でしたので一気に冬が来たような感じですよね。皆さん風邪などひかれてはいないでしょうか。私は現在のところ「○○は風邪をひかない」というようにここ10年以上熱を出す風邪をひいていません(笑)

さて、今日は社内のお話なのですが、当社は社員を社長含めて基本的には「さん」付けで呼んでいます。私も入社当初はなかなか上司に向かって「さん」付けで呼ぶのは違和感がありましたが、いまは慣れました。会社組織では役職や階級がどこの会社にも存在することが多いかと思います。「○○部長」「○○課長」などと呼ぶ会社が多いとですよね。私は基本的に体育会系の育ちをしているものですから「長幼の序」なるものに関しては学生時代から叩き込まれています。当然「長幼の序」は日本社会において重要なことであると思っています。しかし、役職や階級はどうでしょう。私の好きな本のなかのひとつ坂本光司氏著「日本でいちばん大切にしたい会社」って皆さんは読まれたでしょうか。この本の2(ツー)が今年出版され、最後のほうに「これからもめざす『人間尊重の経営』」と書かれており、次のようなことを言っています。

①早朝勉強会 ②さん付け制度 ③一人一日一情報制度 ④入社おめでとう制度 ⑤高齢者雇用制度 ⑥インターンの受け入れ

②では、近年、上司を肩書きで呼ばず「さん」で呼ぼうという会社が増えています。・・・と書かれています。(当社だ!) この意味は、「部長の仕事をしている社員」「課長の仕事をしている社員」「一般社員の仕事をしている社員」という意識で、会社として役はあるものの、個人としては平等であるという考え方のようです。 また、③の制度は前回記述した「三行堤報」を指しています。このように人間尊重の会社が今後増えることが予想され、「社員のモチベーションアップ」→「商売繁盛」する会社が増えればいいと思いました。

三行堤報

こんにちは。ブログ慣れしていない状況のためすっかりご無沙汰していました。夏祭り時期も終わり、オータムフェストも終わり、バタバタ過ごしていたらアッと言う間に10月。もう外で焼肉をやる季節は終わってゃいましたか・・・。

ところで「三行堤報」ってご存知ですか?ちょっと前の「カンブリア宮殿」でもソフトバンクの孫社長がツイッターを利用して約2万人の社員の情報を吸い上げて経営に活かしているとのことでした。三行堤報とは127字3行で毎日全社員が知りえた情報を社長に提出するものです。なぜ127字かというと試行錯誤した結果の字数とのことでした。㈱サトーがはしりのようですが、この会社はハンドラベラー(値札を貼る器具)などを作っている会社であり、消費税導入当時にいち早く消費税対応のニーズを三行堤報で社員から知ってすぐにハンドラベラーを製造して市場を独占してしまった会社です。ソフトバンクも8人で構成される部署が毎日それだけをチェックし、最終的に孫社長に報告する数は40まで絞り込みそうです(ホントにすべて吟味できるのでしょうか・・・大変な作業です(笑))。

なかなか、組織が肥大化してしまうと末端の社員の意見を吸い上げる機会が失われやすくなりますよね。「分析麻痺症候群」という言葉がこれにあたります(頭のなかの古い記憶を引っ張り出しました(笑))。経営陣が現場職員の置かれている状況を把握することができず、現場状況から乖離(かいり)した戦略を指示してしまうことです。市場(顧客)に一番近い現場職員がニーズをいち早く把握し、そして経営に活かす。三行堤報はナレッジマネジメントの有効手法です。しかも、現在はツイッターというITがあるので簡単に行うことができます。大企業のみならず中小企業においても意外と風通しの良い経営とは難しいようです。インターネットとモバイルが普及した昨今、フェイストゥフェイスのコミュニケーションが減少しているといわれがちですが、会話だけでは伝えにくいことなどあるのではないでしょうか?ITの良い面が非常に表れているものと感じました。ちなみに起承転結に文章をまとめる能力が社員に身につくプラスアルファの良い面もあるようです。

第15回はぼろ味まつり

こんにちは。スタッフSです。先週の土曜日のことですが、留萌管内羽幌町の「はぼろ味まつり」に行ってきました。

この時期は、たくさんの祭りやイベントが盛りだくさんなので毎週末が楽しみです。このイベントは羽幌町の海の幸、山の幸をふんだんに使った食のイベントです。特に今年は企画もののコーナーがあり、札幌の有名なスープカレー屋「札幌らっきょ」による「甘えびのスープカレー」、そして料理研究家「小笠原登志子」先生の「ゴジラえびの五色かき揚げ丼」が目玉商品として長蛇の行列ができておりました。もちろん、二つとも並んで購入し、いただいてしまいました。(写真はH新聞社がかき揚げ丼を撮影していたときに隣でコソッと撮影したものです。)

スープカレーは、甘えびのダシがきいていてウマッ! ゴジラえびのかき揚げ丼もゴツゴツとした頭ごと食べてしまいました。(イガイガが刺さって口の中が痛かったですが・・・。)

ほかに、羽幌町の焼尻島という島では「焼尻サフォーク」という頭の黒い羊がおり、通常キロ8000円もの金額のする希少価値の高い羊が放牧されているのです。当然、このイベントでも激安で振舞っていましたが、サフォーク串1本250円で販売しており一般のラム肉より高値でした。食べてみた感想はジンギスカンでも豚肉でもない風味のある独特の美味しさでした。

羽幌町は、言わずと知れた甘えび漁獲日本一の町であり、甘えびの販売も行っています。当然、市場価格よりもお安く、半値近くで提供していました。実行委員に私の知人がおり、羽幌町にはたくさんの自慢のできる観光資源が眠っていると言っているそうです。

うらやましぃ~。

また羽幌町に行きたいです。・・・そうそう、もう少しでさっぽろオータムフェスト2010が始まります。北海道各地のウマいものが札幌大通公園でひとまとめに楽しめるイベントですので、少しデブらないように運動でもしておかないとな~(笑)

江差姥神大神宮渡御祭に参加しました。

こんにちは。スタッフのSです。

先日の8月10~11日の2日間、会社の仲間と「姥神大神宮渡御祭」に参加してきました。

私は初めて参加しましたが、噂以上の祭りで大興奮でした。

初日は気温30度を超える最高の天気となりましたが、二日目は昼間小雨から、夜は災害級の土砂降りに見舞われ、両極端の天気を味わうことができ・・・ある意味、祭りの醍醐味を堪能して参りました。

そもそも、この祭りに会社をあげて参加することとなったのは、大の祭り好きの社長が江差町の商店街のコンサルに携わったことからはじまりました。今年で12回目の参加になるそうです。

知る人ぞ知るこの「姥神大神宮渡御祭」。なんと約370年もの歴史を持つお祭りであり、当然、北海道最古の祭りです。

古い街並みを再現したレトロな雰囲気の商店街を13町内会の山車が祭り囃子とともに練り歩き、各お宅を巡回します。その家々を回り、町内会ごとの山車の人々が「きりごえ」という歌を合唱し、ご祝儀集めに回るのです。また家を訪問する際に、「結構な、お祭りでございます!」と言うことが礼義であり、各家々は料理とお酒をもてなします。さすが、漁師の街「江差」であり、海の幸「あわび・うに・活いか」をはじめ、オードブルと高級食材が食卓をにぎわしていました。

江差で生まれ育った人はある意味「お正月」より楽しみにしているお祭りであり、この祭りの時期になると札幌から、旭川から、道外からと、さまざまな場所から故郷の江差に里帰りするわけです。祭りの参加者は老若男女が偏りなく参加しており、特に学生と思われる若者が夜になると目立ち、仲間とともに「一銭けれ~、一銭けれ~、一銭もらってなにすんの♪ デデッカ、デデッカ、デカドンドン♪」と楽しそうに唄っていました。

「あ~、この街に産まれれば良かった!」

祭り好きの私も一度で病みつきになりそうです。いままで、さまざまなお祭り・イベントを観てきましたが、姥神大神宮渡御祭はまさに「大切にしたいお祭り」のひとつであります。年々人口の減少とともに祭りの参加者が減っていることも現実として否めないとのことでしたが、町外の方々の参加を通じて、いつまでも活気のあるお祭りとして後世に残したいものと感じました。

また来年も楽しみにしています。

江差の方々、ありがとうございました。

ホームページリニューアル

3月末にホームページのリニューアルを手掛け、この度ようやく公開することができました。

コムズワークのサポート内容をよりイメージしやすいよう、過去に実施した事業の紹介やプロジェクトの進捗状況のご報告ができるように組み立てました。

定期的な更新を心掛けたいと思いますので、ぜひアクセスをお願いします!